2019年冬期講習

 2019年度「冬期講習」について

定期テストが終わり、冬休みが近づいてきました。

WiCLでは、日々の授業で「定期テストの成績を上げる」ということを第一の目標にして、日々授業をおこなっております。

定期テストでの成績アップがお子様の勉強に対するやる気を上げ、最終的には志望する高校や大学への合格へとつながっていくのです。そのため、普段の授業では学校の授業よりも少し先に進める「予習型」の授業をして、学校の授業の理解を深め、テスト前にしっかりと「テスト対策」ができるようにしております。

しかし、この仕組みで成績を大きく上げることができない場合があります。

それは、

「勉強の基礎(土台)」ができていない場合です。

これは特に英語・数学・国語で顕著に表れます。

これらの科目は「積み重ね」の科目です。

今までに習ったことを活用して、新しい単元を学ぶことになります。

英語では、今までに習った単語や文法を理解している(覚えている)ことを前提に新しいことを学びます。数学では、小学校や中学1年生で習う「計算の基本」ができていなければ、2年生・3年生で習う単元も苦労します。小学校で分数や小数の計算が苦手で、そのままにしておいたために中学校で苦労するという場合はよくあります(勉強に困って、WiCLに入塾した方にはこういったケースが多く見られます)。国語の読解力については、小学生1年生からの積み重ね(教科書の音読や読書・新聞を読むなどの習慣)によって、得意な子と苦手な子の差が大きいので短期間で読解力をつけるということがとても難しいのです。

以上のようなことからWiCLに入塾してもすぐに大きな成果を出せない場合があります。

では、「基礎(土台)」をしっかりと身につけるための

「復習をする」のはいつなのでしょうか。

それは冬休みです。

これらの時期は、

① 学校の授業がないので、復習に専念できる

② 勉強時間がたくさんとれる

③ お子様が勉強に対して不安を感じている場合、やろうという気持ちになりやすい

という理由から復習をして基礎をつくるのに一番よい時期なのです。学校がある時は、部活動で疲れているにも関わらず、学校の宿題をやらなければいけないので復習にはなかなか時間を割けません。また、テレビ・ゲーム・携帯(スマートフォン)・パソコンなどを使用して日常の時間を費やしているお子様もいらっしゃると思います。そんなお子様には、この冬休みにしっかり復習をして3学期以降の成績アップにつなげていただきたいです。

2019年度冬期講習日程

※クリックで拡大してご覧ください。

小学生の冬期講習

コース紹介

小学生からの受験準備講座

将来の受験を見据えて準備をしましょう

policy_image100小学生のうちから将来の高校受験や大学受験を見据えて学習をはじめておくことは非常に重要になります。中学生になれば学校の勉強も難しくなるので、小学生のうちにアドバンテージを作っておきましょう!

個別指導50分×4コマ~

「5,000円」~

※WiCLが初めての方は、4コマ無料で受講することもできます。

コース紹介

オーダーメイド苦手克服講座(対象:中1,2生)

 img_0608オーダーメイドで苦手範囲を克服!

中学生のどの学年もこの時期になると苦手な範囲が増えてきます。苦手範囲をそのままにしておくと学校の授業についていけなくなるケースが多くあります。この冬期講習に個別対応で苦手範囲をしっかり克服し、新学期を迎えましょう!

個別指導70分×16コマ

「20,000円」

冬期講習で受験準備(対象:中1,2生)

今から受験「頭」に切り替えを行いましょう!!

中2生は来年ついに受験生となります。受験に備え、今から基礎固めと新学年の先取り学習を行うことが非常に重要です。この冬にしっかり学習しないと定期テストも受験も必ずと言って良いほどうまくいきません。まず、中1・中2の復習を徹底的に行い、しっかり高校受験対策を準備をしましょう!受験「頭」に切り替えるのは今しかありません!

個別指導70分×24コマ

「28,800円」

※WiCLが初めての方は、4コマ無料で受講することもできます。

体験授業実施中
お問合せはこちら